« 2007年4月 | トップページ

今回はCREEで

この所SSC P4を使ったMODばかりだったので
反省 ヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ
ストックの中にCREE XR-E スターがあるのに気がついた!

Cree02 PLJさんから購入したままになっていたCREE
発光部分の高さ、表面の電極の絶縁処理 etc.で
ちょっとめんどくさがってほったらかしに・・・・
もったいない・もったいない (=^_^=) ヘヘヘ


Cree01_1 そこで、こいつの出番SuperFire SF-501
LUXEON Ⅴ を使った、けっこう明るいライトです
このまま使っていても良いんだけどここはMOD



Cree03ヘッドを外すと6角穴のリングで固定されています





Cree04 この穴に径が合うナットを噛ませて
外します




Cree05 すると、ヒートシンクにのったスター基板と
DCコンバーターが出てきます
ハンダ付けを外し、LED基板を取り外します



Cree06ヒートシンクに放熱グリスを塗って
CREE基板の取り付け
ワイヤーをハンダ付けして



Cree07 最後はルミノーバシートを挟んで組み上がり!!!

やっぱり最新式エミッターは明るい (^▽^喜)


今回は、エミッターの高さ調節等行いませんでしたけど

照度計では8500Lux/50cmの結果でした 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SSC第2弾

ライトマニアの大先輩リオさんのブログに刺激され
LongbowのMODに挑戦してみることにした

シンガポール軍も採用する丈夫な造りのLEDライト
自分は今まで水中写真用のフォーカスライトに使っていて
特に手は加えていなかった(防水性が保てるか不安だった・・・)

今回はSSC(ソウルセミコンダクター)製のLEDをつかって照度アップを狙う
標準は、LUXEON Ⅰ仕様。今となっては旧タイプのLED
SSC P-4 Uランクは今が旬の明るいLED!!!

Ssc_longbaw01 こちらが取り出した標準仕様のLEDモジュール(CAN)
LUXEON 1が黒い樹脂に埋まっている




Ssc_longbaw02 後部には電池の陽極に接する電極が見える





Ssc_longbaw03 まずは分解
リオさんの話だと黒い樹脂をシンナー浴すると外せるはずだったが
一日たってもうんともすんとも言わない └(T_T;)┘
そこで、ヒートガンを使って溶かして分解


Ssc_longbaw04 mini はダイレクトドライブだったようだが
ECOにはDCコンが入っていた




Ssc_longbaw05 ECOは単三2本の3V仕様だが、
今回はCR123を3本の9V仕様とするため
DCコンにはDOWNBOY750を使用



Ssc_longbaw06 まずは、CANにセンターを出すように気をつけて
放熱エポキシでLEDを固定




Ssc_longbaw07エポキシが固まったらパーツを組み込みます
使用するワイヤーは当然PLJさんのハイグレードワイヤー




Ssc_longbaw08 ハンダ付けが終わったら導通テストをし
コンバーターをCAN内部に放熱シリコンで埋め込みます




Ssc_longbaw09 エミッターの周りはお約束の
グローパウダー入りエポキシで埋めました
今回はウルトラブルーを使用



Ssc_longbaw10 蓄光するとこんな感じ!!!
o(*^▽^*)o~♪




Ssc_longbaw11 ECOボディーに装着するとこんな感じです





Ssc_longbaw12 コリメーター(反射鏡)を付けるとこんなです
ミラーよりも照度は下がるかもしれませんが
このほのかな蓄光カラーがやめられません
ヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ


Ssc_longbaw13 点灯するとこんなかな

オリジナルよりもかなり明るくなりました
照度計を入手しましたがいまいち使い方が・・・


若干ワイド気味な配光になりましたが
一応、8200lux/50cm これって明るいのかなー???
体感的には十分です。 (^▽^喜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お手軽MODアンド新着ライト

しばらくライトいじりをさぼっていた・・・
(=^_^=) ヘヘヘ

やっと重たい腰?をあげてちょこっとイジリます

Ssc08 以前購入してあった
SSC-P4 Uランク
今回はこれを使ってお手軽に!



Ssc04 こいつに(SUPER FIRE)
組み込みます




Ssc03 まずはスター基板を用意します





Ssc01 その上にセンターを出しながら
放熱エポキシでLEDを固定

基板にハンダ付け!


Ssc05基板の裏に放熱シリコンをつけて
こんな感じに本体に固定します




Ssc06_1無事点灯確認
(~▽~@)♪♪♪

けっこう明るくなりました。


さて、ここしばらくゲットしたライトもアップしてませんでした・・・・・
\( . . ) ハンセイ

Hunt_ssc04まずは、LIGHT HOUNDさんのバーゲンでみつけた
Huntlight FP-03 SSC-P4  仕様
単3電池1本でつかえるコンパクトなライトです



Hunt_ssc06FenixのL-1やP-1ににているけれど
けっこう良い感じに仕上がっています




Hunt_ssc01こんな風に簡単に分解できます
Fenixとは大違い!!!
けっこう明るく電池も入手しやすいので
リチウム単3を入れて鞄の中に常駐させてます


Inoba02 INOVA T4 こちらも LIGHT HOUNDさんでゲット
充電式のLEDライト




Inoba01 充電スタンドにはめ込めば即充電開始
ガレージの壁にマウントして車イジリに使います

丈夫な仕上げのライトです


Cr201これは、Fenix Store さんで思わずポチッしてしまった
CR2 ION チタン仕様!!!

リオさん・・・良いでしょう (=^_^=) ヘヘヘ


Cr202オリジナルは、Cree Xlamp を使っていますが
こいつは、Cree XR-E P4 を使っています


Cr203 ボディー後部のランヤードリング
この仕様が大好きです

照度はXR-Eの割には暗いかな・・・キーホルダーにして常用中


Edison03_2 さて、これは・・・・・・
ダイビング用の水中ライトです
わりと良くある型なんですが・・・



Edison02 後ろから見ると
スイッチが見えますが、これがタッチセンサー式
また、水中に入ると自動に点灯し、水から出ると消灯
まだ実際には水中使用していないので良いのか・悪いのか・・・


Edison01そして・そして・・・・・・・・・
前から見ると \((;◎_◎)/!
巨大なLEDエミッターが
なんと台湾 EDISON Opt. の10W?15W?が鎮座しています!!!


Edison04 詳しい仕様書がまだ届いていないのでよく判らないんですけど
付属の充電器を見るとリチウムポリマー電池を使っているみたい
本体後部のスイッチ内にあるLEDで電池残量・発熱の警告を表示
おそらく陸上では発熱のため長時間の点灯はできないみたいです
陸上では10分で自動消灯するらしい
スポット配光でかなり明るい (V^-°)イエイ!
HIDライトには及びませんがけっこう使えそうです

水中での連続点灯時間は約4時間(フル光量は2時間ほどだそです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ